【投資をはじめる前に】はじめの一歩 - 株・FX投資をはじめる前に見るサイト 投資の第一歩

投資をはじめる前に

投資や運用を行う前に、以下のことは忘れないようにしてください。
どれも一見当たり前のことですが、真剣に取り組めば取り組むほど忘れてしまいがちなことです。 冷静な判断を下せないときこそ思い出してくださいね。

〇投資は余裕資金で行う
〇安い時に買う、高くなったら売る
〇株や外貨を保有していない期間があってもいい
〇証券会社選びは重要

投資は余裕資金で行う

投資に使うお金は、もしなくなってしまっても生活に差しさわりのないお金でしましょう。
一見当たり前のことですが、つい熱くなって生活費を注ぎ込む人が多くいます。 さらに借金までして投資につぎ込む人までいるほどです。
株なら信用取引、FXならレバレッジをかけなければ、0にはなってもマイナスにはならないので借金を負うことはありません。 熱くなってしまいそうなときは、スマホやPCの画面から離れることをおすすめします。

安い時に買う、高くなったら売る

投資でも投機でも基本はこれにつきます。 口座を開設したら即座に投資をはじめるのではなく、証券会社のアプリなどで過去のチャートを見たり自分が買いたい株や交換したい通貨をリストに追加してしばらくチェックするといいと思います。
各証券会社で株価や通貨をチェックするためのツールがありますが、それと併用してYahooファイナンスのアプリをインストールしておくといいでしょう。その株を購入している株主の生の声が各株の掲示板で見ることができます。

株や外貨を保有していない期間があってもいい

投資をして利益がでたので決済したあと、なんとなく何も持っていないことが手持ち無沙汰に感じることがあります。
本当に買っていい時期なのかどうか判断がつかないのに「せっかくのお金を運用しないと勿体ない」という気持ちから適当に買ってしまうということもよくあることです。 ただ運用をしているからと言って常に何かを保有しなくてはいけないわけではないので、しばらく何も保有しないという選択肢があります。

証券会社選びは重要

FXの場合、外貨預金の金利に当たるスワップポイントや手数料であるスプレッドが証券会社によって異なります。 FXの口座は一人いくつでも開設することができるので、あとからもっと自分にあった証券会社を見つけたらそちらに乗り換えることも容易ですが、NISA口座の場合はそうは行きません。
#2NISAは証券会社選びが重要!でも書いたとおり、一度作ってしまった口座は一年に一度しか金融機関の変更はできません。 面倒を避けるためにも、NISA口座はちゃんと比較してから口座開設しましょう。

いかがですか?どれもこれも当たり前のことですよね。 でも相場はいつどう動くかわからないものであり、投資家の8割が損をするといいます。
そこには射幸心を煽られたり気分の高揚感を覚えたりといった、投資のはずがいつの間にかギャンブルになってしまうことがあります。
感情に左右されない冷静な判断が重要ということですね。

  • 前のページへ