【NISAとは】 - 株・FX投資をはじめる決意をしたら見るサイト 投資の第一歩

#1NISAとは

NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。 NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式や投資信託等の配当金・譲渡益等が非課税対象となります。
通常の株取引では、年間20万以上の利益が出た場合、そのうちの20%を税金として支払わなければなりませんが、NISAは年間120万円以内の株を買い、もしそれを140万円で売れたとしても、購入から5年以内なら非課税になるという制度です。購入より5年以上立つとNISA口座から移動され、課税対象になります。

2014年スタート当初は年間100万円までとなっていましたが、2016年に20万円増額されました。
ここでは特に押さえておきたいNISA制度の要点をまとめます。詳しく知りたい方は金融庁のページをご参照ください。

NISAで株投資する際の特徴

  1. 証券会社に通常の口座とは別にNISA口座を作らなくてはいけない
  2. NISA口座は一人一つまでしか開設できない未成年者の場合はジュニアNISAになる
  3. 年間120万円まで株をNISA口座で購入できる
  4. 非課税枠が余ったとしても、翌年に繰り越すことはできない
  5. NISAで購入した株は購入した年を含め、5年間は非課税になる5年を過ぎると一般口座に持ち株を移される。NISA口座から移った時点の株価から損益計算されてしまうので、注意が必要。
  6. NISAでは信用取引ができない
  7. 配当金等受取方式を「株式比例配分方式」にしないと配当金に対して課税される
  8. 他の口座(特定/一般)との損益通算できない。

まずNISA口座は銀行でも作ることができますが、株取引をするには証券会社でNISA口座を作らなくてはいけません。 口座を開設するまでにマイナンバーや住民票などの書類を提出し、そこから口座開設まで2週間前後かかります。

2018年4月現在、東証に株式を上場している企業は約3600社あります。そのうち90%以上の企業の株が100株単位から取引できます。中には1000株からだったり1株から購入できる企業もありますが、2018年10月を目標に100株単位に統一しようという取り組みがなされています。
1株1000円以下なら100株買っても10万円以下で購入することができます。10万円以下で買える株を検索したところ、約1000銘柄ありました。
投資資金10万でも十分選んで買うことができますね。

もし今株を始めるならNISAを使わない手はないですよ!

NISAでは信用取引ができない

信用取引とは自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資が行える仕組みです。レバレッジ効果といって、証券口座に入っているお金を担保に証券会社からお金を借りて口座に入っている金額の最大3倍までの株を購入することができます。 また空売りといって信用取引では株価下落時にも利益を出すことができるのですが、NISAではこういったことができません。
NISAでは信用取引ができませんので、極端なことを言えば株を購入した企業が倒産したとしても、株価は0になりますがマイナスにはなりません。
このサイトではNISAの非課税枠での取引を解説しますので、信用取引に興味がある人は恐れ入りますが他サイトをあたってください。

NISA最大のデメリット?

NISAで購入した株は5年を過ぎると一般口座もしくは特定口座に持ち株を移されます。
例えば50万円で買った株が30万円になってしまい、売れないまま5年が経過したとします。 この時、NISAから移した株の株価は購入した時の金額ではなく、移した時の金額になってしまいます。
そのため、株価が購入時の50万円まで上がって売ったとしても、利益はプラスマイナス0のはずなのに30万円から値上がった20万の20%、つまり4万円を税金として支払わないといけないことになります。

このことがデメリットとして大きく取り上げられることがありますが、このサイトでは10万円から始める投資を紹介しています。
通常株取引では20万円以上の利益を出すと課税対象になります。1000円の株を100枚(10万円分)買ったとして、20万円以上の利益を出すには3倍以上の1株3000円に株価が跳ねあがらなくてはいけません。
したがって初期資金が少ない分、こういったリスクはかなり少ないと思います。

このデメリットを踏まえても、NISAは株初心者が少額で投資をはじめるには十分魅力的だといえます。