【単純明快!株の選び方!その1】 - 株・FX投資をはじめる決意をしたら見るサイト 投資の第一歩

#4 単純明快!株の選び方!その1

何を基準にどんな株を買えばいいか、初心者はまずそこでつまずくと思います。
実は株を買う基準は、その人が何を重要視しているかで変わってしまうのです。 なのでここではこのサイトの基準である「ローリスク」を最重要視して株を選んでいきます。数日で決済してしまう短期投資はどうしてもリスクが高くなってしまうので、数週間~数年の中期、長期投資を念頭に株を選びましょう。NISAは購入年を含む5年以内に売却しないといけないので気を付けてくださいね。

潰れない企業の株を選ぼう!

ここ以外の株関連のサイトを見たことがある人なら薄々感づいているかもしれませんが、このサイトでおススメする株は、恐らく他サイトとはだいぶ違ってくると思います。
多くのサイトでは「これから急騰する株」「将来性の高い株」などの文字が躍っています。でもこういった株はハイリターンな分、リスクもバッチリあるわけです。 急騰するということは暴落の可能性もあるというわけで、将来性があるということはまだ軌道に乗っていない不安定な企業かもしれないわけですから。
こういった株を買うならリスクを極力減らすために勉強が必要です。
初心者にまず必要なことは小さな勝ちと小さな負けの経験だと思うので、実践経験を重ねてからそういった株を購入すればいいと思います。

株投資における最大のリスクは倒産です。もし購入した株の企業が倒産すれば、それらの株も無価値になってしまうからです。
潰れにくい業種を具体的にあげると、扱う商品が多く柔軟に対応できる総合商社や普遍的に需要のある銀行郵便局などがあげられます。 赤字続きの業績巨額の負債を抱えている企業は論外です。
「ローリスク」を踏まえると当然倒産しないであろう企業に絞られるということですね。

安定した株を選ぼう!

倒産の次に恐ろしいのが暴落でしょう。 株で資産運用をしている多くの人は、株価の変動による差益で利益をあげようとしています。 しかしこれだと必然的に値動きの激しい株を購入しがちになるため、このサイトではおススメしません。
株やFXで資産運用する個人投資家の9割が損をしているといわれる理由の一つが、こういった値動きの変動が激しい銘柄に投資することです。リターンも大きいですがその分リスクも大きくなります。
値動きの激しい株を買うのが悪いというわけではありません。それ相応の知識と経験を積んでからでないと、それは単なるギャンブルと化してしまいます。 ここでは少ない知識でもギャンブル要素はなるべく減らし、少しずつ(でも銀行の利子よりははるかに多く)着実に資産を増やすことを前提にしています。

高配当株を選ぼう!

上記の項目の内容を踏まえると「それじゃあ全然資産が増えないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、お金を増やすということはそれだけ簡単ではないということですね。 でも、株で利益を得るのは何も株価の変動だけではありません
株には年に1~2回程度、配当金と言って、企業が得た利益の一部を株主に還元されます。日本の平均的な企業の配当は2%前後で、権利確定日から3か月後くらいに現金が口座に振り込まれます。(株主優待も同じく権利確定日から3か月後くらいに送られてきます。)
配当は1年あたりで書かれており、年に2回還元している会社は、配当金の半額が2回に分けて振り込まれるので、配当金の金額がそのまま2回振り込まれるわけではありませんのでご注意ください。

配当金を得るためには配当金をもらう権利を獲得しなくてはなりません。 権利確定日に株主として記載されていれば、株主優待や配当などの権利を得ることができます。
ただし株購入後3営業日経たないと株主として名簿に記載されないので、正確に言うと権利確定日の3営業日前の権利付き最終日に株を保有している必要があります。 保有期間は関係なく、この「権利付き最終日」にだけ株を持っていればいいので、 権利付き最終日が近づくと株価が上がる傾向にあります。
もし権利付き最終日直前の株価が[購入時の株価]+[配当金]+[株主優待の価値]を上回るなら権利を得ずに売ってしまうのも手です。

このサイトでは「潰れない安定した企業」+「高配当」を重視して株を選ぶことをオススメします。